青年と梨のタネ

ある日

 彼女がウチに来て、2か月が経ちました。彼女というのは、ウサギ。茶色いウサギです。

 

 彼女は、3月末に次男の幼稚園からやって来ました。次男の幼稚園は、今年の3月で閉園してしまったんです。幼稚園にはウサギのほかにカメもいたんですが、カメは引き取り手があったみたい。水槽で飼えばいいだけで簡単だからかしら。ところが、ウサギは貰い手がなく…。

 

次男や私には動物アレルギーがあるうえ、今住んでいるウチは動物禁止。なので、ウサギを飼うことをかなり悩んだんですが、ゲージに入れたままでOKっていう点と、ゲージはベランダに出しっぱなしでOKという点を聞き、引き取ることを決めました。もともと、長男も私も動物大好きなので。

 

 引き取ったものの、いざウサギが来てみると、飼い方もわからないし、エサもわからない。慌てて幼稚園の先生に聞いたり、ネットで調べました。エサはホームセンターでウサギ用のペレットを購入。ほかにも、ニンジンやキャベツ、カブ、タンポポ、クローバーもあげています。

 

あとは、ゲージの掃除は毎日、飲み水も毎日かえる、ということを行っています。彼女が幼稚園でくらしていたときは、1度もゲージから出たことがない、と聞いて不憫に思い、今は週末ごとに公園を散歩させています。内緒で飼っているので、ウサギを近所の人に見つからないように車に乗せ、少し遠くの公園まで連れて行っています。

 

息子たちが着られなくなった洋服をリメイクして、ウサギ用のベストを作り、ベストに紐をつけ、リードとしてウサギにそれを着せています。

 

草むらに隠れることが多く、こちらが期待したようには散歩してくれないんですけどね。それでも、土を掘ったり、ピョンピョン跳ね回る姿を見ると、散歩に連れてきてよかったな、と思います。ウサギと散歩することを「ウサンポ」って呼ぶらしいです。公園に行くと、他にもウサンポしている家族を見かけます。

 

 彼女の年齢は、ハッキリしないんですが、もう5歳以上にはなっている、とのこと。ネットで調べてみたら、ウサギの平均寿命は7年らしいです。高齢になってから飼っても飼い主に慣れてくれない、とは聞いていました。

 

案の定、呼んでも全然近づいてくれないし、気が向いたときにしか、手からエサを食べてくれません。抱っこしても、前足をピンとつっぱって、かなり警戒されてしまいます。それでも、鼻をピクピクさせている姿は可愛いし、寝ている姿も愛らしく思えます。

 

 もしかしたら、あと1〜2年で他界してしまうかも…と思うと、切なくなりますが、このウチに来てよかった、彼女にと思ってもらえるように、これからも努力します。

続きを読む≫ 2014/06/10 12:52:10

 

まるでポップな感じの名前を受けるこの名称。さすがではないですか。家電のような美しいボディーで人々を魅了する魅惑のホール。

 

僕達はこの地球に生まれて一生を送るのにだいたい70年ほどしか時間はありません。しかし多くの人々はこの重大さに気づかないのです。

 

いや頭ではわかっています。知識としては知っているのですがそれの自覚がないように思いますね。
きっとこれは本能的なものが働いているのではないかと思います。だからみんな同じような感覚しか持っていないんだと思います。

 

このわずかな人生の時間の間に一体私達は何を見出すのでしょうか。きっと多くの人はそんな事も考えずに生きていく人が大半だと思います。
私はそれはそれで全然OKだと思います。その日が楽しく過ぎていって、それが死ぬまで毎日続けばそれでいいじゃないですか。

 

私はこの人生において自分が楽しいという気持ち。幸せを感じる気持ちが大切だと思っています。

 

しかし人に迷惑をかけたり犯罪をおかす事はもちろん間違いです。そこを勘違いしないでほしいのですが、自分を刑務所にぶち込む事が自分にとって幸せな行為なのか考えればわかる事ですよね。

 

 

結局のところ自分の幸せは、他の人の幸せにも繋がっている部分があるわけです。自分一人が幸せでも世界中のすべての人が不幸だったらちっともおもしろくないんですよ。

 

だから幸せというのはそういう事なんですね。なぜこんな話をしているかというと、このA10サイクロンSAを知った時に幸せな気持ちになったからなんです。
ただそれだけの事をどうしても伝えたくてこの日記を書きました。人生っていいですよね。
A10サイクロンスタンドアローン

続きを読む≫ 2014/06/10 12:47:10

我家は、子供3人の5人家族。皆、ディズニーが大好き!3歳の娘もキャラクタ―の名前は、ほとんど言えるし、最近では「アナと雪の女王」にハマり、日々大声で歌っている状況。

 

ディズニー好きと、言っても、もちろんグッズのお気に入りのものが有りますが、やはり東京ディズニーリゾートに行く事が好き!

 

しかし、関西から、ディズニーへはそうしょっちゅう行く事はできない。

 

夫婦二人の時は、行きたい時に行っていた。

 

子供が一人の時は、飛行機で、年に3回は行っていた。

 

二人目は生後2カ月でディズニーデビューし、飛行機で年に2回は…。

 

三人目ができた現在…車を大きくして、ゆったり乗れるからと、年に1回、車でディズニーリゾートへ。

 

だんだん、お金も掛かることだし、習い事などで時間も取れない事から、行けても年に1回。しかも、車で長距離移動になってしまい…。

 

もちろん、車での移動の良い点も色々ある。

 

ETCの効果で、とても高速道路代が安く行く事ができるのはもちろんのこと、子供が多いと、どうしても荷物が多くなるので、それをドバっと入れる事ができるのも利点。

 

また、時間にせかされる事も無くなり、気持ちも余裕。

 

飛行機での移動の時は、空港まで行くバスに乗る時間を気にして気にして…。空港でも、乗り遅れないように気にして気にして…。

 

また、大声で叫んだり、泣いたりしてしまう子供を、車だと気にしなくて良くなった。

 

とにかく、車移動には利点も一杯!

 

高速道路のSAに立ち寄って、楽しめるなんて利点もありです。

 

難点と言えば、長距離運転。これは、夫婦二人で、交代交代で。眠気も襲ってくるけれど、時間に急くわけでもないので、ゆったり移動。

 

最近はガソリン代が高い!でも、5人分の飛行機代よりは安いので問題なし。

 

考えていくと難点よりやはり、利点の方が多いです。

 

交通費を安く上げた分、ホテルはディズニーホテルの3件から選ぶか、オフィシャルホテルに泊るようにしている。

 

その方が、ランドやシーへの移動時間も短縮され、時間一杯一杯遊べるので。

 

行くとなったら2泊か3泊。4泊なんて事も。できる限り長い期間滞在し、1日をゆっくり遊ぶ。

 

長く滞在すると、アトラクションも「明日乗ろう〜」なんてことを言ったりして、余裕が出てくる。

 

しかし、これも難点の一つで、「あとで〜 明日〜」と、言ってると、結局乗れなかったりする事もしばしば…。

 

今年のディズニー計画も始まっています。

 

夏休みに予約!

 

いま、ディズニーランドは、プロジェクションマッピングで賑わっているようだ。

 

これも、観ておく価値が有ると思うので、ゆっくり楽しみたい。

 

夢の世界。

 

本当に我が家にとって、素敵な夢の国へ早く行きたい。

 

もうすでに、ディズニーマジックに掛かっているようだ・・・。

続きを読む≫ 2014/06/10 12:33:10

ホーム RSS購読 サイトマップ
inserted by FC2 system